会社設立どこに相談? - ひとりで会社設立できるガイド

ひとりで会社設立できるガイド > 会社設立どこに相談?

会社設立どこに相談?

ひとりで会社設立をするときにどこに相談をしたら良いのでしょうか。
ひとりで初めて会社を設立するという時には中々どこに相談をしてよいのかわかりませんね。

会社を設立する際にまずは定款を作り登記をする必要があります。
登記に関しては専門家である司法書士に相談するのが良いでしょう。
登記を代行できるのは法律上司法書士だけですので、会社設立の事に関して相談をしたりまた定款の作成をしてもらったりという事では司法書士事務所に相談するのが良いでしょう。

または会社設立サポート会社に相談するのも良いですね。
司法書士以外の人が登記を代行することはできませんので、自分で登記をすることとなりますが、定款の作成やまた登記までのサポートをしてくれますのでサポート会社に相談するのもおすすめです。
ここでポイントは定款を紙で提出する場合は収入印紙代4万円がかかります。
電子定款の場合は収入印紙代がかかりません。
ですので電子定款を扱っている司法書士やサポート会社に依頼したほうが費用が掛からないという場合もありますのでそのあたりは検討すると良いでしょう。

また地域の商工会議所に相談することもできます。
まずどこへ相談に行ったら良いのかわからない場合は商工会議所で相談すると司法書士や税理士を紹介してもらう事も出来ます。
はじめてでどこから手を付けてよいのかわからない場合は一度訪ねてみるのも良いですね。

会社を営んでいく上で決算などが出てきますので、税理士さんに会社の設立から相談するのも良いでしょう。
税理士事務所では会社の設立からその後の経理に関して相談していくことが出来ます。
会社の設立では株式会社にしたほうが良いか、合同会社にしたほうが良いかというところから相談しても良いでしょう。
また法律的なことから税金に関してまで今後税理士さんとはお付き合いをしておいたほうが良いでしょう。

会社の設立はいろいろと難しいものがありますので自力でも出来ますがやはり専門家に依頼するのがスムーズで確実といったところでしょう。