会社設立手続 - ひとりで会社設立できるガイド

会社設立手続

ひとりで会社の設立となりますと、会社設立には決まった手続きが多く、なかなか大変です。
まずは順を追って手続きをしていく必要があります。
それでは会社の設立をひとりで行う場合はどのような手順になるのかを見てみましょう。

まずは会社の目的を決めましょう。
これはもうすでに決まっていることがほとんどだと思いますが、その会社で何を目的として何を営んでいくのかという事です。
これが決まってから会社の設立を考える方が多いとは思いますので順序的にはすでに決まっていることかと思いますが、明確にしましょう。

次に会社の商号を決めて行きましょう。
会社の商号は会社の名前です。
由来も含め愛着のあるまたずっと名乗っていきますので意味のある名前を付けるのが良いでしょう。
ここで注意は誰もが知っている企業と同じ名前はNGです。
後に訴えられてしまう可能性さえございますので、絶対にやめましょう。

次に本店営業部を決めましょう。
会社の住所でこれを登記をする住所になります。

それではいよいよ定款の作成に入ります。
定款の作成はひな形がありますので、インターネットで探してみましょう。
ひな形に沿って埋めて行けば意外と簡単に製作することが出来ます。
ここで、自分で定款を作る場合は紙での提出となります。
その場合は印紙代が4万円かかりますのですが電子定款の場合は印紙代の4万円がかかりません。
この電子定款は個人では使用することが出来るものではなく、司法書士事務所や会社設立代行業者などで電子定款を扱っております。
そのため4万円の定款代がなくなりますので依頼したほうが安く済むなんてこともございます。
そのあたりも頭に入れておくのが良いですね。

自分で登記をする場合は定款を公証人役場で認証してもらいそれをもって法務局へ登記をします。
登記でわからないことがあれば法務局で聞くこともできますので、順を追って登記をしていきましょう。
登記が終われば晴れて会社設立となります。