会社設立定款 - ひとりで会社設立できるガイド

会社設立定款

会社の定款とは初めての会社登記で一番つまずいてしまうのが定款でしょうか。
この定款は会社の規律、ルールです。
また定款を作らないと会社の設立は出来ません。
登記の前に定款の認証というのがあります。

では定款ですが、誰がどのように製作するのでしょうか。
ひとりで会社設立をする場合は、定款を作るのは自分になります。
でも、この定款を作ることに時間を取られてしまっては、会社の設立時は、とても忙しいのでそこでつまずいてしまうのはもったいないですね。
一つの提案としては司法書士の先生に依頼するという方法です。
定款を作り、登記の代行をしてくれます。
費用は掛かりますが、一番時間を取られずにスムーズに済む方法です。

しかしひとりで費用をかけずに定款を作る為にはひな形を使用するのが良いですね。
まず定款に必ず必要なものは、定款のタイトル、日付、商号(会社の名前)、本店所在地(会社の登記をする住所)、公告(会社と利害関係にあるところへのお知らせのようなもの)、発行可能株式、株式の譲渡制限、取締役の員数、取締役の任期、事業年度、設立時の役員、発起人の住所氏名、発起人の記名押印、捨て印、また電子定款になると書き換えが必要な項目となります。
上記をひな型に沿って記入をしていきましょう。

定款が出来上がりましたら公証役場にて認証をしてもらいましょう。
公証役場・公証センターで認証がとることが出来ます。

認証が住みましたら、いよいよそれをもって法務局へ登記をしに行きましょう。
登記には管轄の法務局で行う事になります。
電子定款の場合は印紙代がかかりませんが、紙の定款の場合は印紙代が4万円かかります。
また電子定款は個人が普通に使用できるものではなく、専用のソフトが必要ですので、電子定款での提出であれば司法書士の先生に依頼しましょう。
費用は掛かりますが印紙代4万円が不要となりますので司法書士などに依頼をしてもコスト面では負担が少なく済みますね。