会社設立ひとりで準備 - ひとりで会社設立できるガイド

ひとりで会社設立できるガイド > 会社設立ひとりで準備

会社設立ひとりで準備

自分の会社を設立するためにはまずは定款を作り登記をする必要があります。
通常、この登記は司法書士の先生に依頼をすれば、代理で登記をしてくれますので、多少費用は掛かりますがこれが一番確実で早い方法です。
また会社を設立する時は何かと忙しいですね。
例えば他社との契約を結んだりという事もそうですが、その前に新規開拓をしなくてはならなかったり、また備品一つとってみても用意をしなくてはなりません。
そんなことで会社設立時というのは本当に忙しいです。

ではひとりで準備をする場合はまずは会社の目的を決めましょう。
といっても目的が決まらないうちに会社を設立しようと思う事はないと思いますので、ある程度こんなことを自分の会社で営みたいという事は決まっているのではないでしょうか。
決まっていたとしてもこれは必ず定款という形で認証してもらう必要があります。
またその定款をもって登記をすることとなりますので、まずは会社の目的を明確にしましょう。

会社の目的が決まりましたら、会社の商号を決めます。
自分の会社の名前ですので、これから末永く名乗って行けるような思い入れのある名前を付けると良いでしょう。
またその際株式会社というような商号を入れることになりますので、(一人の場合は合同会社合資会社が使用できません)必ず○○株式会社または株式会社○○という商号になります。
このとき誰もが知っている企業と同じ名前で登記することはできますが後に訴えられてしまっては大変ですので、やめましょう。

商号が決まりましたら印鑑をオーダーしましょう。
印鑑は登記の際に会社の実印として登録するものですので、この称号が決まった段階で作っておくと良いでしょう。

定款を作成してこれを認証してもらいます。

いよいよそのあとは会社設立のため法務局での登記となります。
ひとり会社であれば、自分の身分を証明する戸籍謄本や個人の実印、会社の実印に定款をもって法務局へ登記を行いこれで登記が完了となります。