会社設立登記できる社名とは - ひとりで会社設立できるガイド

ひとりで会社設立できるガイド > 会社設立登記できる社名とは

会社設立での印鑑セット会社設立登記できる社名とは

image

会社設立するために新しく社名を決めますよね。
この社名は各自で好きなものをつけるのですが、どんな社名でもいいわけではありません。
登記が通る名前にする必要があるほか、他社から訴えられる恐れのある社名は避けるのが無難です。
どちらも非常に大事なポイントになりますが、ここでは登記に通る社名の条件について詳しくご紹介しましょう。

最初の条件は社名に使う文字です。
何らかの文字を使って社名は作るわけですが、このときに使える文字には決まりがあります。
日本語の文字は基本的に使用でき、ひらがな・カタカナ・漢字のいずれも使用OKとなっています。

日本語以外の文字はどうかというと、ローマ字とアラビア数字がOKとなっているのです。
ローマ字を使った英語表記は最近よく見ますよね。
そのような社名もOKとなりますから、そちらがよければローマ字の社名も考えてみるといいでしょう。

これ以外に使える文字は一部の記号のみとなります。
アンパサンドや中点は日本語の中でも比較的使う機会のある記号となりますが、こちらは使用OKの記号です。
そのほかにはアポストロフィー、コンマ、ハイフン、ピリオドといった記号もOKです。
こちらはローマ字表記の中で使う機会が多いかもしれません。
ちなみにこれら合計6種類の記号は社名に使っている文字の種類に関わらず使用OKですから、どれか使いたい記号があれば使ってみてください。

ただし記号は先頭と末尾には使えません。
基本的に社名の中を部分的に区切るときに使うといった使い方が基本となります。

このように使える文字の種類を確認したら、次に会社の種類の表記を必ず含めてください。
現在はほとんどのケースで株式会社や合同会社といった種類の設立となっていますが、自分がこれから作る会社の種類に一致する表記をつけてください。
違う種類の会社の表記をつけるのはもちろんNGです。

株式会社なら「株式会社」、合同会社なら「合同会社」といった形で、これから作る会社の種類を示す表記をつけます。
この表記は日本語表記でないと登記が通りませんから注意してください。

会社設立登記に使える社名として主に気をつけたいのは上記ポイントとなりますが、このほか特定の形態や事業を示すフレーズや、同一の住所にある他社と同じ社名もNGになります。

特定の形態や事業を示すフレーズとは、その会社が別の会社の一支店・一部署などと誤解させるフレーズや、病院や銀行といった特定の事業と誤解させるフレーズのことです。
同一の住所にある他社と同じ社名とは、自分が本店所在地に選んだ住所と同じ住所にある他社と同じ社名のことです。
あまりないケースですが、もしこれらに当てはまるとやはり会社設立登記が通りません。
社名を決める際に注意してください。