一人会社を作ろう - ひとりで会社設立できるガイド

ひとりで会社設立できるガイド > 一人会社を作ろう

一人会社を作ろう

会社設立、自分の会社を設立するというのはとても憧れでもあり、しかしすべては自分の責任という重みもあり奥が深いものです。
一口に会社といっても代表者1名で従業員がいない会社から何千人と社員がいる会社まで、全て会社ではありますが規模は様々です。

そんな中今一人会社を経営している人が増えております。
今もありますが昔でいうところの自営のようなものです。
でも株式会社○○と列記とした会社です。
自営で営むよりも株式会社にすることにより最初の設立時にはお金がかかりますが、その後の他社との取引などがしやすくなる、信頼が得られるなどの理由から株式会社にする方が多いです。

一人会社は意外にも沢山あり、社員を雇わないので自宅を会社にしている方や、集合オフィスで1区画を借りて営業するなど、経費をかなり抑えることが出来るのもメリットです。
一人会社にして仕事を外注に出すという事で補っている会社もあります。

一人会社も登記をする必要がもちろんですがございます。
一人会社だからと言って登記が簡易という事もありませんので、順序にそって登記をしていきます。

また登記は何かと細かい書類なども多く会社設立時は大変忙しい時期でもありますので、司法書士の先生に依頼するというのも一つの手段です。
難しい登記は専門家に依頼して、自分は会社設立の他の仕事をするという事が望ましいかもしれないですね。

また一人会社でも社会保険の加入は必要なのでしょうか。
一人会社であっても社会保険に入る必要があります。
また合名会社や合資会社では一人での会社は認められませんので、一人で会社を設立する場合は株式会社になります。
株式も一人で所有するという事になります。

一人会社であっても通常の会社と同じように決済をしたりする必要がありますので、できれば税理士さんにお願いしていく事をお勧めします。
こちらも経費は掛かりますが確実で安心ですね。
一人会社はすべて一人で賄わなくてはなりませんので、司法書士や税理士さんにお世話になると安心です。